説明会を
探す

03-6380-0767         

Taught by TM Japan国際公式サイト(English)

 

他の瞑想法との違い

最近、さまざまな瞑想法が身近にあふれるようになってきましたが、それぞれの瞑想法には決定的な違いがあるということはほとんど知られていません。努力や集中を伴うもの、伴わないもの、脳に肯定的影響を与えられるもの、そうでないもの、科学的に確かな効果が確かめられているもの、そうでないものなど特徴はさまざまです。

メイヨークリニックでは、脳波を計測することで、以下の3つの瞑想者のグループの違いを明らかににしました。

  • 集中やコントロールを伴う: 禅の瞑想、ヴィッパーサナ瞑想など。
  • 黙想(目を閉じ思いをめぐらす): マインドフルネス、クリヤヨーガなど。
  • 自我を超え存在を体験する: TM瞑想

瞑想法と脳への影響の違い

瞑想法 TM マインドフルネス(黙想法) 集中法・コントロール
脳波 アルファ波 シータ波 ベータ波
脳波の違い リラックス、幸せ、集中— Mayo Clinic 夢うつつ— Mayo Clinic 論理的思考、問題解決— Mayo Clinic
EEGによる検査結果 alpha brain waves theta brain waves beta brain waves
努力を要する程度 まったく不要

TM

脳波 アルファ波
EEGによる検査結果 alpha brain waves
脳波の違い リラックス、幸せ、集中— Mayo Clinic
努力を要する程度 まったく不要

マインドフルネス(黙想法)

脳波 シータ波
EEGによる検査結果 theta brain waves
脳波の違い 夢うつつ— Mayo Clinic
努力を要する程度

集中法・コントロール

脳波 ベータ波
EEGによる検査結果 beta brain waves
脳波の違い 論理的思考、問題解決— Mayo Clinic
努力を要する程度

これまでさまざまな瞑想法を試した人たちがなぜ、TM瞑想だけはまったく違うと言うのか?

  1. まったく努力がいらない — とても簡単で楽しいテクニックなので、誰でも実践することができます。ADHD(注意欠陥・多動性障害)を抱えている子どもたちも楽に実践することができます。
    • 集中をしない
    • 心をコントロールしない
    • 雑念や思念を観察しない(*マインドフルネス瞑想ではこれらを観察する)
    • 心を無にしようとしない
  2. 効果が実証されています — TM瞑想は何百もの研究結果が発表され、ストレスや不安の軽減、脳機能の向上、心臓血管の正常化等の効果が認められています。
Huffington Post Logo

“瞑想における研究では、幅広い心理学的効果やメリットが認められています。たとえば、アメリカ心理学協会が2012年に行った163にわたる研究結果の分析では、TM瞑想は不安感、否定的な感情、特性不安、神経症的傾向を大幅に減少させ、代わりに学習能力や記憶力、自己実現能力を大幅に向上させると結論づけられています。”