努力なし、薬なしのセラピーが自閉症の子どもたちを助ける

一般的な治療に加えて、10分のTM瞑想を毎日2回することで、一部の子どもたちの状態の改善に役立つことが確認されている。TM瞑想はまた、様々な程度の社会、コミュニケーション、及び行動上の困難を抱える子どもたちの助けになる場合がある。

自閉症の子どもたちのためのTM

自閉症の子どもたちとTMアメリカ疾病管理予防センターによると、88人に1人の子どもが自閉症スペクトラム障がいを抱えている。一部の症状は薬物で治療することも可能だが、多くの両親は薬を使用しないセラピーを望む、と話したのはサクラメントにあるカリフォルニア大学デービス校、MIND Institute のKathleen Angkustsiri医学博士だ。

Angkustsiri博士によると、自閉症の子どもたちのために、瞑想を含む代替治療について医療提供者と相談するように両親に勧めていると話す。カリフォルニア大学デービス校MIND Institute の研究では、自閉症の子どもたちの両親は、その他の発達遅延を診断された子どもたちの両親よりも、代替治療及び補完療法を使用することが多いことを確認したと彼女は話した。

古代のインディアンの伝統に基づいた技術である、TM瞑想を実践するには、目を閉じ、快適な姿勢で座り、講師から習った音あるいはマントラを心の中で繰り返します。「TMで心と体は自動的に安らぎの覚醒状態に落ち着くのです」と話したのはDavid Lynch Foundationの事務局長であり、長年TMの講師をしているBob Rothさんです。

TMは、お子さんが自閉症の治療として受けているであろう、その他の薬物治療やセラピーと組み合わせると上手くいきます。「お子さんへの薬物治療の必要性は減るかもしれませんが、TMは医療の代わりではありません」とRothさんは言います。「お子さんの薬の量を減らすかどうかは、医者の判断次第です。」

Rothさんは自閉症の子どもたちの両親も、子どもたちと一緒に実践できるように、TM瞑想を習うことを勧めています。「子どもたちと共有するには素晴らしいものです」と話し、さらに朝に10分、放課後に夕食前に10分するだけで、子どもの衝動的な行動が少なくなり、感情的になることが減り、より幸福で、集中力が増した状態になりますと付け加えました。彼によるとTMを実践する子どもたちは、夜よく眠れるようになるということです。「子どもたちがTM瞑想に慣れるまでは、5分だけから始めることもあります」とRothさんは話しました。