長谷川潤×TM Japan副代表 水谷洋子 対談
(GINGER 2016年10月号)

“自分の本質=本当の魅力”を知ることこそが幸せへのカギ ― 長谷川潤

太陽のような笑顔と美しさにますます磨きがかかる、モデル長谷川潤さん。
「自分らしく自然体でいられるようになったから」― そのきっかけを与えてくれたのが、2人目妊娠で鬱(うつ)に陥り、やっとたどり着いたTM瞑想だったという。
初めて自分の内側にふれる感覚で、始めたその日からすぐにとても穏やかで幸せな気持ちになれたと言います。彼女のプライベートトレーナーを務めるTM Japan副代表 水谷洋子氏との対談で、詳細を語っています。以下は「雑誌GINGER10月号」からの引用。

◆ ◆ ◆

満面の笑顔は自分の良いところも足りないことも知っているから
最初の妊娠をキッカケにそれまでの食生活を見直し、その後、確かな体の変化を自ら感じているという潤ちゃん。さらに“充電100%の自分”を目指そうと、それぞれの体質に合わせた食材や調理法を選ぶというアーユルヴェーダを取り入れ、体を整えていると言う。ヴァータ、ピッタ、カパ、どのタイプに属し、どんな食事を取り入れたらいいか、その具体的なアドバイスをくれたというTMインストラクターの水谷洋子さんを迎え、今回話すのは、自分との向き合いかた。

長谷川潤(以下J) : 東京で、私が最初に洋子さんのところへ行ったのは1年ぐらい前? あのとき教えてもらったことを実践してみたら、さらに体の調子が良くなって!

水谷洋子(以下Y) : 潤ちゃんを診てとてもラクだったのは、食べられるものや調理パターンについて、いろんな提案ができたこと。というのも、すでに潤ちゃんは体と心のメンテナンスがきちんと行なえていたから。ストレスを多く抱えていたり、体が不調だと『あれもダメ、これもダメ』と、食べられるものがかなり制限されてしまうの。だからアーユルヴェーダをやるにも、そのベースが大事で。

J : ベース?

Y : ベースというのは、つまり自分の内側の部分。普段から心の声に寄り添い、自分にとっての心地よさをよく知っていると、ストレスをうまく流せて、心も体も健康的な状態でいられるようになる。それに有効とされているのが、潤ちゃんもやってるTMという〝自分の内側に意識を向け、自分の本質と直接つながれる〞瞑想法。〝自分が感じる自然な心地よさ〞をすでにわかっている潤ちゃんは、私が薦めたものを食べたときも『あれ!?なんか体が心地いい』と感じる一致があったから、アーユルヴェーダにもすんなり入れたはず。

J : 確かに! 私の体質に合う食べ物・合わない食べ物の説明を受けた時、妙に納得。たとえばサラダ。体にいいからと、私、頑張ってサラダを食べていたけど、どうしてもその〝頑張って〞という感覚が抜けなかった。でも私の体には〝生で摂る〞より〝炒めて摂る〞ほうがいいとわかった時、『やっぱり!? 私、そもそも炒めた野菜のほうが好きだもん♥』ってつながって。

Y : その〝体でわかる〝〞反応を感じられる〞のが大事。アーユルヴェーダはルールが多く、ひとつひとつを頭に入れて忠実に実行しようとすると、それ自体がストレスになり本末転倒になってしまうこともあるからね(笑)。

J : 私がTMを始めたキッカケは、実は2人目の妊娠の時ずっと鬱で……。私、ポジティブなほうなんだけど、その時ばかりは何をどう考えてもダメで、幸せなはずなのに幸せを感じられなくて、暗闇からずっと抜け出せない感じで。いろんなことを必死に調べているうちにTMに辿り着いて。でも、トランセンデンタル・メディテーションなんて、まず名前が長いし、その響きにいい印象が持てなかった。何より『なんか、ちょっと、どうなんだろ〜?』って、かなり怪しんでいたけど(笑)、それでも電話、予約して、4日間のプログラムに参加。結果、始めたその日から心のザワつきがとれて安らぎが戻り、とても穏やかで静かな気持ちになれた。

Y : そう、その内側の静かな思いにつながることで、本当にやりたいことやるべきことがクリアになって、そこから行動すると自然と状況も好転していく。
たとえば、1本のバラの花。葉の1枚に元気がなければ、私たちはまず根に水をあげるでしょ!? でも、それが自分のこととなると、葉っぱそのものを何とかしようとしてしまう。目の前に起こった問題のレベルで解決しようとして、〝自分の根に水をあげる〞ことが何故かできていない。外ばかりを変えようとするのね。1日2回、自分を枯らさないように水や栄養をあげる=自分の本質につながり充電する。すると、あとは元気な茎や葉っぱが自然と育って美しい花を咲かせられる。その人の魅力がいっぱいに花開く。この先、どんなことがやってくるかなんて予測もできないし、ましてや誰もコントロールなんてできない。だから、どんなことがどんな瞬間にやってきても『私は私。しなかやに自分軸をすっと通して、自然でラクな循環の中にいられる』。これが大切なんですよね。

J : TMは自分の悩みや不安を消すとか、一生ストレスを感じさせなくなるとか、そんなマジックピルのようなものじゃなくて、何か問題が起こっても、それと向き合える強さとか忍耐力を鍛えてくれるもの。あとは自分を客観的に見られるようになるから、やるべきことが明確に見えてきて、結果、自分をステップアップさせる手段がわかるようになるの。

 アラサー世代は体調の変化や心の葛藤など、毎日変化が訪れる時期。だから自分を知り、自分にしか持っていないものを認め、立ち止まってしっかり向きあい、対話する。忙しい生活の中では難しいかもしれないけど、それができるようになると、メッキではない本物の輝きが、潤ちゃんのように手に入るのかも。